中国人女性との国際結婚を個人的に考察しているページです。

※仲介業者ではありません

法的な流れ

中国内で必要な手続き

ここでは、大まかな流れについてご説明致します。

※下記の内容以外にも必要な書類や手続きがあるかもしれません。
詳しくは、国際結婚仲介会社へお問い合わせください。

婚約が決まったら、まずは中国側での婚姻手続きになります。
中国では、「婚姻登録所」という場所で手続きをします。
ここには必ず結婚する2人で登録に出向かなくてはならないそうです。

中国では以下の書類が必要なのだそうです。

日本人男性が用意する書類
・パスポート原本
・戸籍謄本
・住民票
・在職証明書
・納税証明書
・課税証明書
・離婚届受理証明書(離婚経験者は必要
・婚姻要件具備証明書
・証明写真(4.5×3.5p)(カラーが望ましい)

戸籍謄本等の書類は多めに2〜3通ほど持っていった方が良いかもしれません。

なお「婚姻要件具備証明書」とは、
独身であることを示す書類であるため、
「独身証明書」ともいわれるようです。

上記の書類を「婚姻登録所」へ提出し、
その後、「婚姻登録所指定病院」において健康チェックを受け、
問題が無ければ「婚前健康検査証明書」が発行されます。

それを再び「婚姻登録所」へ提出し、婚姻契約書に2人でサインをすると、
約一週間ほどで「結婚証明書」が発行されます。
それを翻訳してもらい、中国の公証窓口にて認証してもらう必要があります。


日本国内で必要な手続き

日本に帰国したら、日本の役所での入籍手続きです。
まずは、市役所に提出する書類です。

・婚姻届
・日本人の戸籍謄本
・中国での婚姻証明書
・中国人配偶者の国籍証明書のコピー
・中国人配偶者の戸籍謄本のコピー
・中国語記載書類の翻訳書

日本と、中国での婚姻手続きが終わると、
約3ヶ月ほどで「在留資格証明書」が発行されます。
それを中国の配偶者へ送り、
後は配偶者が中国内の日本大使館にて以下の書類を提出し、
配偶者ビザが下りたら、花嫁が日本に来られる事になります。

・在留資格認定証明書(日本人配偶者等)とコピー
・申請書
・パスポート
・写真
・履歴書
・入国理由書
・婚姻経緯書(日本人が記入します。)
・親族関係表

大まかな流れではありますが、手続き関係の説明は以上です。
おつかれさまでした。

ダミー